2017.09.11 22:53

2017.秋

조회 수 7441 추천 수 0 댓글 0
?

단축키

Prev이전 문서

Next다음 문서

+ - Up Down Comment Print
?

단축키

Prev이전 문서

Next다음 문서

+ - Up Down Comment Print

 人生において深く深い影となるに値する辛く苦しい時期を過ごしました。

しかしその時は同時に切なく美しい生の光を感じられる時でもありました。その日は誰にでも来ます。

「心の襞」という言葉がありますが、深い襞が刻まれた気がします。

ある種の粘土が火に焼かれて磁器になると光を透かします。私達の生も光と影によってより深まるものでしょう。

時には反射により暗闇を照らす月のように、時には自ら輝き、希望と温かみを与える太陽のように、作品がそれらに似てくれたら良いと思います。

無機物である水の中で有機体が生まれるように、神秘的で驚異に満ちた自然の一部として私たちも循環しているのでしょう。

全てのものは既にここにあると思います。無というのは所謂全くないこととは少し違うそうで揺らぎの状態だといいます。

そんな事を考えることや人間にしかできない芸術が私は大好きで、ずっと絵を描き続けたいと思います。

2017 渡韓30年目の郡司直美       

?

List of Articles
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
» 2017.秋 naomi 2017.09.11 7441
Board Pagination ‹ Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next ›
/ 9

나눔글꼴 설치 안내


이 PC에는 나눔글꼴이 설치되어 있지 않습니다.

이 사이트를 나눔글꼴로 보기 위해서는
나눔글꼴을 설치해야 합니다.

설치 취소

Designed by sketchbooks.co.kr / sketchbook5 board skin

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5

Sketchbook5, 스케치북5